効果的な読書の方法|本田直之さんのレバレッジリーディングを実践する

僕は本田直之さんのファンなのですが、その本田さんを知るきっかけとなったのが、この本田さんの代表著書「レバレッジリーディング」です。元々私は読者を全くしない人間でしたが社会人になってからは、自分自身のレベルアップを図らなければ周りから取り残されてしまうと危機感を抱き、積極的に読書を始めました。しかし、どうも様々な本を読んではみたものの、自分自身の身になっている気がしていませんでした。そこでまずは本から学ぶ前にそもそも本を読む技術を学ぼう、読書の質を上げようと考えた際に偶然レバレッジリーディングを見つけました。

今日は自分自身の備忘録も兼ねて自分なりにレバレッジリーディングを読んで学んだ効果的な読書ついて書き記したいと思います。

読書=投資

本田さんは年間400冊もの本を読むらしいですが、その理由は割の良い投資活動だと捉えているからだそうです。1500円の書籍から様々なノウハウへ自分自身のビジネスに活用が出来るということで100倍のリターンを生むと豪語しています。文中にもありますが、確かに成功者達の経験をたった1500円で疑似体験できるというハイリターンな勉強は読書以外には無いかもしれません。

本は自腹で購入せよ

本の手に入れ方には会社の福利厚生などで本を購入したり、図書館で本を借りるなどといった手段がありますが、本田さんは本は自腹で購入すべきと言っています。この理由としては、読書=投資という考え方に基づき、本を購入することももちろん投資の一貫にあるため、自分で購入した本のほうが読書にかける本気度が違うということです。「元を取ってやる」という気持ちですね。さらに後述しますが、レバレッジリーディングでは書き込みや折り込みを沢山行うため、完全に自分の所有物でなければそれらが出来ないケースも考えられます。借り物では持っての他ですし、福利厚生で購入された本も最終的には会社の所有物になることはよくあることです。これらの点から本は自分で購入すべきと考えられます。

本を読む時間が無いのではなく本を読まないから時間が無い

これはまさに投資的な考え方ですね。一流の経営者達は一流になってから本を読み始めたのではなく、本を読んだから一流になれたと書かれています。以前僕の職場にも一向に勉強をせず、毎日終電帰りのスタッフがいました。このスタッフがいつも言っていたのが、「忙しいので本なんか読んでる時間はない」でした。でも、この考え方は投資の概念が無く負のスパイラルで、彼は毎日毎日終電で帰り続け、いつしか会社から消えて行きました。
忙しいなりにも読書に時間を投資することでそこから得たビジネスのノウハウが現場で活用出来、例えば早く退勤できるようになったり、生産性が上がったり、成果が上がったりする訳です。初めは少し苦しいかもしれませんが読書をする時間を投資をして継続してリターン(時間)を得られるようになるわけですね。

多読する。同じテーマの本を徹底的に読む

特定の本や特定の著書の本ばかりを読むとその本や著者の考えに凝り固まってしまうので、同じテーマの別の著者の本を複数読みます。そうすることでセカンドオピニオン、サードオピニオン的な視点が得られ、最後には多数の視点から得た情報を元に自分自身で必要な情報を取捨選択することが出来ます。

目的を明確にする

何故自分は本を読むのか自分に足りないものは何か。目的を明確にすることで本選びに無駄がなくなり、吸収すべき情報が明確になるため読書にも意味が生まれます。また、目的を明確にすることでカラーバス効果により自分の必要な部分だけ汲み取ることが出来、必要のない部分は捨てる判断が出来ます。これがスピードアップに繋がります。
※カラーバス効果とは「色を浴びる」という意味で。特定の色を意識すると普段よりも意識した色が飛び込んでくるように感じる現象。

教養型より経験型の本

本田さんは学者や研究者が書いた研究書的な本より著者の実体験に基づいた本を選ぶことを推奨しています。学術系の本は難解な割に実務に使えない場合も多く、おまけに高い場合があります。それよりは取っ付きやすく著者の経験にレバレッジを効かせる経験型の本の方が良いということでした。

リアル書店の使い方

本田さんはリアル書店とネット書店を使い分けているようです。特にリアル書店の使い方として興味深勝ったのがトレンドを感じる場として使っているという点です。書店には売れ筋コーナーがあったり、平置きされている書籍を見ることで世の中のトレンドを汲み取っているようです。
また本の奥付を見て、増刷の数を調べたり、古い情報が役に立たないテーマの場合は初版の時期などを見ているようです。これはリアル書店ならではの使い方ですね。

16%拾えればOK

これがレバレッジリーディングの中でももっとも衝撃的かつ印象的な一文でした。レバレッジリーディングはあくまで投資活動なので読みこなすというのではなく、自分の課題や目的にとって必要な情報だけが得られれば十分ということです。なるほどですね。
本田さんは1年間に400冊の本を読むらしいですが、当然文頭から文末まで丁寧に読んでいては物理的に無理があります。そこで、自分の必要な部分だけ拾って実践出来れば良いとしています。例えば100項目すべてを抜き出して1つも身につけないよりは、重要な項目を1つ身につけたほうがリターンが大きいとのことです。
ところでなんで16%かと言いますと「80対20の法則」の考えかたのようです。
※ヴィルフレド・パレートが提唱した「イタリア国民全体の2割がイタリア全体の8割の富を生み出している」という法則
本に関しても重要な部分は全体の20%程度(200Pの本なら40P)しかないと本田さんは言います。さらにさらに。本田さんはそのうちの80%を吸収できれば良しとしており、そうすると32Pになり、これは全体の16%にあたります。

一冊の内容を俯瞰する

本田さんは読書に入る前に著書プロフィール→帯→表ソデ→まえがき→目次→あとがき→本文という順で読まれるそうです。これをすることで大体の本の大枠がイメージでき、さらに目的を再確認して読み始めることで大体自分にとっての重要なポイントがつかみやすくなるそうです。

余白にどんどん書き込め

本を読んで思いついたことや自分なりのじぶんだったらどうするか?という考えをその場で余白に書き込みます。後からノートに書こうと考えていてもまず覚えていられないからです。また、書き込むことでどんどんアイデアがストックされます。投資という考え方ですのでリターンを得ることが目的ですので本を綺麗に扱う必要は全く無いのですね。

1ページ目からじっくり読まない

本当に良い本は繰り返し読むべきということですが、1日300冊以上の書籍が出版されているこの世の中で悪いものもじっくり読んでいては良い本とも出会えないという考え方です。読み方は重要な部分のみ拾う読み方です。前述の目的を明確にすることによるカラーバス効果がありますので、気になった部分ははじっくり読みます。

最重要な読書後のフォロー

読書を現場で生かすことが出来ない典型は本を読んだつもりになって、読んで終わりになってしまうことです。そこで本田さんは「レバレッジメモ」の制作を推奨しています。読書の中で重要と感じた部分は線を引いたり、角を折り曲げたりします。それらをA4に書き出し、繰り返し読んで身につけるという流れです。
ちなみに僕は紙を持ち歩くのが嫌いなので実際にはA4用紙ではなくエバーノートやブログに書き記すようにしています。

以上です。

この本を読んで、特に

  1. 自分がこの本を読む目的は何なのか?本を広げる前に一度自分に問いてみる。
  2. テーマを絞って様々な著者の意見を集める。
  3. 16%拾う

という点が大きな学びだったかなと思います。

では。